池袋カウンセリングルーム フェリシテ・メンタルヘルス

池袋カウンセリングルームフェリシテ
 

実施可能な心理検査一覧

池袋カウンセリングルームフェリシテでは、クライエントの状態やご希望に合わせて、適切な心理検査を提案しております。

実施については、クライエント・カウンセラーとその必要性について確認し合意できた段階での実施となります。

心理検査は、クライエント自身も気づかない心の状態やパーソナリティの特徴などを総合的に知り、今後の生活に活かして頂くためにとても有用です。

すべての検査は、世界的に標準化されたもので、広く医療機関などで採用されているものですのでご安心ください。

なお、以下記載の料金は、カウンセリング費用とは別に申し受けます(税込み)。

【カウンセリング開始時の簡易検査:5,000円】

カウンセリングの見立てを早期の段階で適切に行うため皆さまにお勧めしております。ご自宅で記入の上次回面接時に持参頂き、次々回フィードバック致します。検査のパッケージは下記です。

① SDS (抑うつの検査。質問用紙に丸を付けて回答。所要5分程度)
➁ STAI(不安の検査。質問用紙に丸を付けて回答。所要5分程度)
➂ TEG(交流分析。対人関係のパターンの検査。質問紙に丸を付けて回答。所要5分程度)
④ SCT(文章完成法。総合的なパーソナリティを見るための検査で、文章を完成させるもの(正解はありません、ご自由に回答ください。所要1時間程度)

*SCTのみでの検査は3,000円となります。

*SDS, STAI, TEGはその場でフィードバック可能です。各1,000円となります。

【怒りの対処についての検査:P-Fスタデイ:4,000円】

日々の生活場面のストレスに対してどのような怒りの対処を行うかの検査です。24場面から構成され、どのような対処を行うかを記入頂きます。(所要時間20分程度)持ち帰りかその場で記入頂くかは、ご相談となります。

【簡易な質問紙検査:各1,000円】*面接時間内で記入頂・その場でフィードバック可能(5分程度)

・気持ちの落ち込みに関する検査:SDS

・不安に関する検査:STAI

・自我状態の特徴に関する検査:TEG(東大式エゴグラム)

【知能検査とパーソナリティ検査のパッケージ:WAIS-IVとロールシャッハテスト:面接時間4時間分+4,000円】

知能とパーソナリティを総合的に検査するパッケージです。御自身の状態をを最も総合的に把握したい場合ご提案します。検査の流れとして、検査1(100分)、検査2(100分)のご予約が必要となります。フィードバックは3週間程頂きます。

【知能や発達に関する検査検査:料金は以下】

*こちらは医療機関ではありませんので検査のみをもって診断することはできません。診断には医療機関を受診頂くことが必要です。

・ウエクスラー知能検査(WAIS-IV):2時間分の面接料金+4,000円

総合的な知能の特徴を把握するための検査で、医療機関や相談機関で実施されています。知能面の把握以外にも発達機能面の特徴把握にも有効です。検査を通じ、ご自身の特徴をより良く理解頂くことで、クライエント様のより良い生活の提案のために実施します。検査はカウンセリング時間内の実施となりますので、上記料金とは別に、ご予約の際には検査時間として100分のご予約をお願いします。フィードバックは3週間程頂きます。以下3ステップにて実施します。*特に困りごとはないが数値のみ知りたい方や専門家が体験したい時限定で、①は省略可能です。また専門家の方で、自分で結果のまとめを行いローデータをお持ち帰りしたい場合は➁のみで実施頂けます。

①初回面接(60分):検査インテーク及び検査内容確認 8,000円

➁検査(2時間程度):対面で検査を行います。20,000円

➂フィードバック(50分):書面で結果を報告致します。書面はお持ち帰りいただけます(検査から3週間後)8,000円

・成人の自閉症スペクトラム検査:AQ-J日本版自閉症スペクトラム指数:2,000円

成人の自閉症スペクトラム(ASD)のスクリーニング検査です。(所要10分程度)WAIS-IVと併せての検査をご提案させて頂くこともあります。

・成人の注意欠如・多動性障害(ADHD)スクリーニング検査:A-ADHD:2,000円

DSM-5(米国精神医学会発行の精神障害に診断と統計マニュアル)に準拠した、大人のADHDをスクリーニングするための検査です。うつ病、不安障害、適応障害等の臨床現場での初診時や、大学・企業等での心の健康診断時に大人のADHDを発見するための検査として利用できます。WAIS-IVと併せての検査をご提案させて頂くこともあります。

成人の注意欠如・多動性障害(ADHD)検査:CAARS日本語版(Conners’ Adult ADHD  Rating Scales: 2,000円)

2011年7月に発行された、子どものADHDとその周辺の症状を診断する質問紙「Conners 3 日本語版」の著者キース・コナーズ博士による、成人に見られるADHD関連の症状を評価する目的で作成された検査の日本語版です。WAIS-IVと併せての検査をご提案させて頂くこともあります。

【パーソナリティの総合的な検査】

・ロールシャッハテスト:2時間の面接時間+3,000円

パーソナリティを総合的に診断するものです。10枚のインクのしみのカードをお見せし、それらがクライエント様にとって「いかに見えたか」を分析します。医療機関でも非常に広範に実施されており、心理検査の中でも最も複雑で専門性が高く、無意識迄把握可能なものの一つです(検査所要時間1時間半程度)。検査はカウンセリング時間内の実施となりますので、上記料金とは別に、ご予約の際には検査時間として100分のご予約をお願いします。フィードバックは3週間程頂きます。

 

 

上記以外の実施可能な検査については、個別にご相談下さい。

ページトップ