池袋カウンセリングルーム フェリシテ・メンタルヘルス

池袋カウンセリングルームフェリシテ
 

変化のワーク:変わりたいならまず「3つのD」

今日は、「3つのD」のお話しです。

カウンセリングに訪問されるかたにも、初期のころにトライ頂く課題のひとつで、とても有用なのでご紹介させて頂きます。

こころの悩みを抱える方、自己肯定感の低い方、アダルトチルドレンの傾向のある方、不安の高い方の共通傾向は、

3つのDが多いことです!

3つのDとは、

「でも」

「だって」

「どうせ」

この3つ。

カウンセリングのセッションで、理論をご説明して、

「なるほどわかりました!!」と笑顔で言っていただいた直後、

しばしば「でも・・・・・」と続いてしまう。がくっ。

「だって・・・」も、この後に否定的な(多くは客観的でない)理由づけが続きます。

さらに、どうせ・・・」のあとはかなりの確率で「私なんて」と続きます。

「どうせ私なんて」

これははっきり言って呪いの言葉です。

こんな言葉を一日何回も無意識で繰り返していたら、どんな人も自信がなくなります。自己肯定感を、自発的につぶしています。

だから、クライアントの皆さんにまずお願いするのは、

① 3つのDを一日何回言っているか、カウントする。それによって「自己認識できる。

➁ 「私はできる」と自分に言う。最初は信じられなくてもOK!

せっかくカウンセリングルームに来たり、相談をされたりしているのですから、その変わりたいという気持ちを大切にしてほしいのです。

3つのDを唱えるのは、「癖(くせ)」ですから、

それによって、自分の可能性が奪われているのであれば、

今度は逆のくせをつける・・・「私はできる」と唱えることは、とっても有効です。ぜひ、お試しください。!(^^)!

ページトップ