池袋カウンセリングルーム フェリシテ・メンタルヘルス

池袋カウンセリングルームフェリシテ
 

【人生の主人公になる】年末によせて

2015年おそらく最後のお話は、「人生の主人公になる」です。
あなた自身は、誰のものですか?
「大好きな彼のため!!」とハートマークを振りまいている幸せ絶頂の方はそれでいいとして、ほかの方はなんとお答えになるでしょう。
「勿論、自分のものだよ。」とお答えになるのが普通と思います。
ですが、よく考えてみると、大人になればなるほど、「自分の思いや感情に沿って行動していることがどれだけ少ないか」お分かりになると思います。
皆、「与えられた役割」に沿って生きているからです。

女性のライフサイクルカウンセリングのチャート(自作)ですが、1人5役をこなしています。もっと多い人もいるかもしれません。よって、「自分らしさ」は最後の最後に追いやられるのが一般的です。
一日は24時間しかなく、体は一つしかない。どんなに頑張っても、あちこちで怒られっぱなし。
私自身でいくと、保育園で怒られ、会社で怒られ、その他。。。。ただ一生懸命働いて育児して結婚しているだけで、なんの天罰?て感じでした。
子供がいてもいなくても、自分の思うことができない人生にがっかりしたりすることもあるでしょう。
その時に大切なのが
「自分自身の、人生への意味づけ」です。

どうして働いているのか。働かないのか。
どうして結婚しているのか、結婚しないのか。
どうして育児しているのか。子供を持たないのか。
どうして回りの人と交流を持っているのか。持たないのか。
どうしてその行動をするのか。しないのか。
「自分の頭で考えてみること」が極めて大切です。

日々の意味づけを失っていくと、毎日を味わうことが薄くなっていきます。
結果、何のために生きているか、人生の目的がわからなくなります。

人生の目的は、なんだと思いますか?

私の考えでは、自分のものさしで、最後の最後に、自分の人生が幸せだと思うことが目的なんですよ。
そのためには、努力することも、時折立ち止まって考えることが必要です。
幸せの尺度は、誰も与えてくれません。
自分の物差しを持っていることこそが、「人生の主人公」になるとても大切なことだと思います。

自分のものさしがわからない方、ご相談は → http://felicite-c.com/contact

一年の終わりに。
来年も良い年になりますように。

ページトップ